ニコエフのジパング日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#9 アルティナキアが自爆テロ

 本日現地時間未明、ハーン王国内にあるUKZ本国政府の合同庁舎前でアルティナキアによる自爆テロが起きた。

 これを受けジパング連合王国政府は緊急の会見を開き、「アルティナキアはアルカディアの一派であり秩序を脅かす犯罪組織であるため、国際犯罪組織に指定する。」と述べた。
 
 また、アルティナキアは改めてハーン王国立放送より前回同様の声明をだした。声明文は以下の通り

 「この前にも述べた通り、我々の同志がジパング連合王国の工作員により暗殺された。工作員の存在を否定したが工作員は間違いなく存在している。我々の要求を受け入れなければすべてを破壊する」

 政府も改めて工作員の存在を否定し、事実でないことを受け入れるまでもないとした。

 模倣犯ではないかという憶測が生まれていたが、実際に存在する犯罪組織であることが明らかになった。今後も取材をつずけて行きたい。





「Zipang Post デジタル版」ではレゴ国際連合内で実際に起きている事、それに準じてジパング連合王国内で起きていることをもとに作成しています。記事の内容、各国名や個人名等の表記は十分に注意して記事を書いていますが、万が一間違いがあればコメント欄にてご指摘下さい。

スポンサーサイト

#8 ハーン王国にアルカディアの一派が侵入か

 レゴネシア民族連邦で起きたアルカディア帝国との紛争が終結し、ULNAMA合意文書に基づきアルカディア地域の平和維持活動が行われようとしており、本当の意味での解決に向かおうとしていた。

 ところが本日現地時間正午頃、アフィリアにあるジパング連合王国海外領ハーン王国の国立放送でアルカディア一派アルティナキアと名乗るグループの声明映像が流された。声明文は以下の通り

 「我々はアルティナキアという。我々の同志がジパング連合王国の工作員により暗殺された。すでにハーン王国に侵入した。ジパング連合王国はこの事実を認め、殺された同志らに謝罪をせよ。我々は手段を選ばずに彼らの仇をとるために戦う。」

 これに対し連合王国政府は、「我が国に工作員など存在していないのはもちろんのこと、このようなテロ組織の入国は徹底的に取り締まっており、侵入などあり得ない。」と述べた。またパガニーニ首相も会見し、「社会秩序を乱すあらゆる脅威にも臆さない。国民の安全を第一に行動する。」と国民に対して訴えた。王国軍の目立った動きも無いことからアルカディアの一派と思われるこのグループの声明自体が模倣犯の犯行ではないかとみられる。

 しかしながら我々Zipang Postの政治局は、「政府の発言に対して今回の紛争の第一線で取材をしてきた私たちは、独自の視点から導き出したある事実を導き出したことを明かさなければならない。『アルカディア帝国の中心人物らは皆、紛争中に戦死。多くは大規模な戦闘中に死亡したとみられているが、一部は暗殺された。』暗殺の現場を現地支局員が目撃している。」とのべた。

 今後どういった事態になるのか緊張状態にあることは確かなようだ。





「Zipang Post デジタル版」ではレゴ国際連合内で実際に起きている事、それに準じてジパング連合王国内で起きていることをもとに作成しています。記事の内容、各国名や個人名等の表記は十分に注意して記事を書いていますが、万が一間違いがあればコメント欄にてご指摘下さい。

#7 神聖アルカディア帝国降伏

 今月2日現地時刻夕方6時35分に帝国人民政府がISAF等の国家及び組織に降伏した。これを受け関係各国はアルカディア地域の治安維持活動に乗り出した。今後は【アルカディアにおけるレゴ国際連合による人道支援活動を目的とした平和維持部隊の派遣に関する合意文書】に基づき活動が行われる。

 ジパング連合王国は統合南部連合軍(ISAF)への加盟を正式に発表した。現在は加盟国からの承認を待っており、承認されればジパング連合王国にとって唯一の多国間軍事同盟になる。





「Zipang Post デジタル版」ではレゴ国際連合内で実際に起きている事、それに準じてジパング連合王国内で起きていることをもとに作成しています。記事の内容、各国名や個人名等の表記は十分に注意して記事を書いていますが、万が一間違いがあればコメント欄にてご指摘下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。