ニコエフのジパング日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【更新】国家紹介

レゴ国際連合のUKZのページと同じものになりますが、以前ブログで紹介したものから一部内容を変更しましたので、更新版として再Upしました。


<ジパング>

 ジパング連合王国(United Kingdom of Zipang:以下ジパングもしくはUKZ)は、8つのカントリー及び1自治国から構成される立憲君主制国家である。また、国際関係において責任を負う地域として2つの海外領土、1つの自治区(王室属領)があるが、厳密にはUKZには含まれていない。
 本土は南アメスタ大陸のほぼ中央にあり、ブリック共和国(BR)・西レゴレ共和国(L,W.R)・ワロニア(W.N)と国境を接している。また太広洋、アフィリア、イージアに海外領土等がある。国家体制は国王を国家元首とし、議院内閣制に基づく立憲君主制である。公用語は英語と日本語、本土の西側地域においてはイタリア語も話されている。通貨はパンド。またアメスタ経済連携協定において導入されているドリュも殆どの地域で利用することができる。

○政治
 政体は立憲君主制をとり、主権は国民にある。不分軟性憲法の国家であり、それを構成する俗習法の1つに「国王は君臨すれども統治せず」とあり、国王の存在は儀礼的なものとなっている(象徴的存在ともいうことができる)。立法権優位の議会主義が取られている。立法権は議会に、行政権は首相及び枢密院に、司法権は最高裁判所及び以下の下級裁判所によって行使される。
 議会は、貴族や聖職者などで構成される任期終身の上院(貴族院)、公選で任期5年の下院(庶民院)の二院制。(1XXX)年に制定された議会法(憲法の構成要素の1つ)により、「下院の優越」が定められている。議院内閣制に基づき行政の長である首相は憲法的習律に従って下院第一党党首(下院議員)を国王が任命、閣僚は議会上下両院の議員またはそれに値する国民より選出される。下院は小選挙区制による直接選挙(普通選挙)で選ばれるが、上院は非公選であり任命制。上院は定数なし。下院は325。ミスタンガル自治区(王室属領)とハーン王国には議会が設置され自治がおこなわれている。

○外交と軍事
 ジパングは現在16カ国との間に2国間条約及び協定、多国間条約等を締結している。特に安全保障同盟を締結している国とは相互駐留、軍事演習等を通し密接な関係を築いている。
 ジパングの軍隊の正式名称は「ジパング連合王国軍」であるが、対外的にはジパング軍、国内においては王国軍などと省略して表現されることが多い。ジパング軍は「陛下の軍」とも呼ばれており、全軍の最高司令官は君主にあるが、首相が事実上の指揮権を有している。
ジパング軍は本土以外の領土にも基地を保有し、有事に素早く対応できる体制が取られている。
2014年時点での総兵力は78万人(陸:35万/海:23万/空:13万/海兵隊:6万/沿岸警備隊:1万/各予備役含む)で構成されている。各軍において兵力の削減が決定されており、今後は2024年をめどに70万人まで規模を縮小する予定となっている。

以上


ただいまHPの方も製作していまして、そちらの方ではより見やすい者をUpしていきたいと思います。
完成まで程遠いのですが↓にURLを貼っておきますので宜しければご覧ください。
ブログ及びホームページのリンクはnikoefまで一声お掛け下さい。

ジパング連合王国公式ホームページURL:http://ukzipang.web.fc2.com/

スポンサーサイト

フランチェスコ・パガニーニ内閣

内閣総理大臣 フランチェスコ・パガニーニ


省庁名/担当(役職の記載がないものは長官)

枢密院 ニコロ・トレッリ院長
 公安調査委員会 パオロ・ヴェスプッチ委員長
法務省 ロベルト・ペーリ
国務省 ヴィットリオ・カルダーノ
財務省 ジュゼッペ・ボスコーノ
文科省 ミハイル・トリチェリ
厚生労働省 ソフィア・ストラデッラ
産業省 ヴィタントニオ・ストロッパ
国土交通省 マリア・パッラーディオ
国防総省 フェルナンド・フェルミ
環境省 シルヴァーナ・エルカーン
内務省 フランコ・カタラーニ
 国家公安委員会 ミケーラ・サルト
 安全保障会議 アンドレア・ディバリ
内閣府
 中央情報局 マリオ・フィジケラ

※一段下がっているところは各省庁の外局。内閣府については首相直属。
※外局は一部割愛。

国家樹立

このたびレゴ国際連合にジパング連合王国(UKZ)という名前で登録させていただきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。